オーガニックマーケット

ミラスベジタリアンレストラン入り口では、オーガニックマーケットを開催しています。

ミラスレストランのオーガニックマーケット

水と土曜の10時―13時、12時を過ぎると残りものしかないので、10時台を目指すのが最高のパフォーマンスです。

ミラスのオーガニックマーケット

パプリカディエンと呼ばれる辛さが激しい唐がらしをあるだけ頂きました。ディエン高原ではひとつぶがもっと大きいですが、標高がディエンより低く気温が高いジョグジャでつくると、四分の一の大きさにしか育たないそう。何粒かはウチの畑でも植えてみます。

ミラスのオーガニックマーケット

まったく売る気がない店番の女の子。感じが悪いとかではないんです。お菓子屋さんなんかが売る気満々だったのに比べると、欲しかったら買ってくれていいよ、くらいの感じでした。

ミラスのオーガニックマーケット

顔出しアウトのヨーグルト・ヤニちゃん。自家製ヨーグルトを販売しています。

ミラスのオーガニックマーケット

本日はこれだけ。かぼちゃ含め、すべて市場で買うほうが安いです。ただ、本当にオーガニックならば値打ちがありますね。こどもの遊び的なこじんまりしたオーガニックマーケットですが、主に白人の支持を得ながら継続していきそうです。この日も客の半分以上は白人でした。

enje の紹介

ジョグジャカルタ旅行の専門店 インドネシア現地旅行会社 エンジェ ウィサタ ツアーズ
カテゴリー: ジョグジャ生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です