トゥグの花火でカウントダウン

大晦日は、トゥグの花火を観てきました。

近所のこどもたちと、散歩がてら歩いて行ったのですが、さすが地元っ子、60センチ幅の路地だか私有地だかわからない道をすいすい抜けて、10分で到着しました。

ジョグジャカルタの大晦日。トゥグ花火。

主催者が打ち上げる花火の合間に、あちこちで花火があがるのは何故?と思っていたら、

見物人の群衆のなかに、手もちロケット花火を打ち上げている人がいるからでした。綺麗なんですけれども、日本人感覚では、ちょっと危ない?かもしれませんね。

ただ、まわりのインドネシアの方々は、特に危険を感じている様子もありませんでした。このあたり、やっぱり感覚違いますね。

見物人が手持ちでロケット花火を打ち上げています。

主催者の花火が終わって、人々が帰路につきが出始めたころ、 THE 101 ホテルが、屋上から花火を打ち上げていました。 これはこれで、また綺麗でした。

THE101花火 2016年1月1日

数千人の群衆が、楽しく安全に路上で集まることができる、この治安の良さに感謝だなあ、などと、新年早々、しみじみ思いました。

1998年の政権交代時、群衆といえばそれはデモであり、いつ暴徒に変身しても不思議ではなく、路上でタイヤが燃やされている、そんな光景をふと想い出し、感慨にふけってしまいました。

2016年も平和なインドネシアでありますように。

 

 

enje の紹介

ジョグジャカルタ旅行の専門店 インドネシア現地旅行会社 エンジェ ウィサタ ツアーズ
カテゴリー: 季節もの パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です